目の癒しアイテムが満載!

このページは目の健康に関して、グッズや食品について簡単な説明をしています。

ブルーベリーについて

 家庭果樹として人気の高いブルーベリーは、北アメリカ原産・ツツジ科スノキ科の小果樹。春には釣鐘状の愛らしい花が咲き、夏にはおいしい果樹を、秋には美しい紅葉で楽しませてくれます。 もちろんブルーベリーの魅力はそれだけではありません。 収穫まで年数のかかる果樹も多いですが、ブルーベリーは翌年から収穫できることや、病害虫の心配が少なく、コンテナでの栽培も可能です。 また、収穫した果実は、おいしいうえに、ブルーベリーの『青』、これこそがアントシアニンという色素なのです。果実に含まれるアントシアニンは目の働きを助け、ポリフェノールの抗酸化作用は老化防止にもなります。

次にあげる3種類がもっとも有名な品種です。

1. ローブッシュ・ブルーベリー
アメリカ北東部からカナダ東部や北欧に広く自生する野生種です。果実は最も小粒です。色は濃い黒紫色です。眼にいいといわれている「ビルベリー」、別名「ホワールベリー」はこの野生種です。
2. ハイブッシュ・ブルーベリー
野生種からの品種改良されたもので寒冷地向けの品種で、日本では北海道、東北地方、長野県で栽培されています。果実が大粒なのが特徴で、コリンズ、ブルークロップ、バークレイ、シャージなどの新しい品種が登場してきています。
3. ラビットアイ・ブルーベリー
アメリカ南部に自生している暖地向きの品種です。日本国内でも西日本、九州に適しています。ティフブルーをはじめとしてウッダード、ブライトブルー,デライトなどがあります。

こんな症状やお悩みに効果的

頭痛:  原因の一つになる目の疲れを回復します。
肩こり: 原因の一つである、目の疲れを回復します。
脳血管障害(脳卒中): 心臓にエネルギーを与え、低血圧を防ぎます。
血栓症: アントシアニンが毛細血管を保護し、血栓をできにくくします。

メグスリの木について

 日本固有のカエデ科の落葉高木で標高700m前後の深山に自生しています。メグスリの木を煎じた汁が、その名の通り疲れ眼、眼のかすみ、充血などに役立つと言われています。更に眼とつながりの深い肝臓を強化する働きもあります。味は少々苦いのが特徴です。目や肝臓を酷使しがちな現在社会人に是非飲んでいただきたいと思います。目がかすむような時に煎じて内服すると、遠方まではっきりとするので昔から「千里眼の薬」の別称も有ります。また、肝臓疾患の薬としてももちいられ素問、霊枢などの中国古典には、「肝気は目に通ず、肝和すれば、目も五色を弁ず」とあるように目が良くなれば肝が良くなるのは漢方の基礎の病理に符合するとの事です。自然飲料ですのでご安心してお飲みくださいませ。また、継続して飲まれることが効果的です。

メグスリの木の効能

肝機能を改善し白内障の視力低下やかすみ目に効果
緑内障や眼底出血に効果。

HOME
goo

環境goo ウェブ全体
このサイトは「目の健康専門店」の作成者により運営されています。
お薦めリンク「開運の心得・七福神めぐり」もご利用下さい。