アナログ放送がは終了したら!!テレビが見られなくなるの…??

 地上デジタル放送(地デジ)は、首都圏では2003年に放送が開始されました。
現在、地上テレビ放送はアナログとデジタルの両方で放送されていますが、2011年7月24日にアナログ放送は終了し、デジタル放送のみとなります。
このため、今お使いのアナログテレビのままでは、地上テレビ放送が見られなくなってしまいます。

 それでは、どうすれば地デジを見ることができるのでしょうか。そして、地デジで何が変わるのでしょうか。

 地デジを見るにはどうするの?
 
アンテナの種類イメージ■一般的な一戸建て住宅の場合

 アナログ放送だけしか見られないアンテナ(VHFアンテナ)では地デジは見られません。UHFアンテナと受信機(地デジ対応テレビ・チューナーなど)を用意する
必要があります。
まず、UHFアンテナについてですが、東京タワーからの電波を受けてテレビを見ている家では、VHFアンテナしか設置していない場合があります。
こうした家ではUHFアンテナを新たに設置する必要があります。すでにUHFアンテナを設置していれば、通常そのまま地デジが見られますが、調整や交換が必要になることもあります。
なお、電波の強い地域では、地デジ用の室内アンテナで見られる場合もあります。
しかし、アンテナの準備ができてもデジタル電波を受信するものがなければ見ることはできません。
その一つは「地デジ対応テレビ」です。このテレビの中には、地デジの電波を受信する 「デジタルチューナー」が取り付けてあります。
では、「地デジ対応テレビ」に買い換えないと今使っているアナログテレビは見ることができなくなるのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。「デジタルチューナー」や「デジタル チューナー内蔵録画機」を接続することで、アナログテレビを使い続けることができます。
地デジの電波は、アナログテレビの中に取り付けてある「アナログチューナー」では受信できませんが、「デジタルチューナー」などを取り付けることにより、地デジを見られるようになるのです。

ホームへ戻る